アロマセラピーやトリートメント技術の学習と資格取得、横浜・品川・自由が丘でアロマセラピストを目指すなら、スタジオセルボ。

JAA認定加盟校
無料体験セミナー・資料請求・お問い合わせはこちら
スクール: 横浜校 / 自由が丘校 / 品川校
ホーム > アロマセラピーの活用法(スクール)

アロマセラピーの活用法

アロマセラピーの活用法


【沐浴】
入浴の時に精油を入れる目的としては、ぐっすりと眠るため、筋肉痛の緩和、皮膚の炎症を癒すため、気分をリラックスしたり、リフレッシュしたりする目的などさまざまです。
沐浴では精油が皮膚からと、吸入による肺からの吸収ができ、大変有効な活用方法です。
お湯をはった浴槽に、精油を最大5~6滴入れます。
精油の量が多すぎると、皮膚刺激を刺激することがあるので滴数は守ってください。
精油を入れたら、全体に良くかき混ぜ、オイルを分散するようにしましょう。

敏感肌の方や幼いお子さんのために沐浴をするときには、アーモンドオイル10ccや30gの天然塩などに精油を混ぜてから入れると良いでしょう。

【手浴・足浴】
足や手を精油を入れたお湯に浸ける方法ですが、足や手には反射区と呼ばれる全身につながるツボがあり、大変効果的です。足や手から浸透した精油は血液に入って全身を巡りますので、全身浴に匹敵する効果が望めます。

アーモンドオイル

高齢者や病中でお風呂に入れない方にも活用でき、また、オイルトリートメントをする前に利用すると身体が温まり、精油の効果が発揮しやすくなります。
人肌のお湯を洗面器に入れ、そこに精油を2~3滴入れてください。
この中に両手または両足を入れ、約10分程浸かります。立ちのぼる蒸気にも芳香成分が含まれていますので、深くゆっくりと呼吸し、香りを楽しんでください。

【吸入】
吸入は手軽にアロマセラピーを楽しむことができる方法です。リラックスしたい時にラベンダーの精油をティッシュに1滴落として嗅ぐことも吸入です。

のどが痛むときや、眠気を覚ましたい時、集中力を高めたい時に吸入がおすすめです。
マグカップやボールに熱めのお湯を入れ、精油を2~3滴入れて、20cmほど顔を離して軽く蒸気を吸い込むように吸入します。

【拡散】
アロマポットやディフューザーなどで、お部屋全体に香りを漂わせる方法です。
空気の浄化やデオドラントなどに活用され、初心者にも比較的安全に楽しめる方法です。
アロマポットの受け皿に水またはぬるま湯を入れ、精油を2~3滴入れます。その後キャンドルに火をつけ、ゆっくりと温めます。水が蒸発すると同時に、部屋に精油の香りが漂います。

精油

電気式やファン式のもの、また車内で使用する芳香器などもあります。キャンドルを使用するときには火の始末に十分に注意してください。適量を守り、換気にも充分気をつけましょう。

資料請求はこちら
無料体験講座
お問い合わせはこちら